「BLUE」 | MANNERISM

2019/06/24 18:10

こんにちは。


気付けば6月もラストスパート。

それでも、言い飽きる程になかなか雨の降らないここ熊本city。


一方、今朝自宅にて「これ、まだパラパラっとしか読んでなかったな」と手に取った雑誌は2018年7月号。

約1年間程放置していた事実に衝撃。


雨も雑誌もパラパラっとな現状を打破すべく、雨乞い効果のありそうなこちらをご紹介。





LIKE THIS LIKE THAT : 「Swedish」 M59 field cropped trousers (remake)




当店オリジナルリメイクブランド「LIKE THIS LIKE THAT」より、ボリューミーなクロップドパンツ。

そのスモーキーなサックスブルーの色味は、梅雨の雨模様とリンク。


使用したのは、スウェーデン軍の名作「M59 field trousers」。

オリーブグリーンのタイプが主流ですが、こちらは「CIVILFORSVARET(民間防衛)」のサックスブルーを使用した天邪鬼仕様。

希少性もそこそこかと。




ウエストにはベルトループに加えてサスペンダーボタンを標準装備。

タックの取られたウエストからフロントポケット、サイドのカーゴポケットと腿周りにかけてのボリューム感が◎。




オリジナルは裾にベルトループ+レザーベルトが付属し、テーパードのキツいジョッパーズシルエットですが、クロップド丈に仕上げた為軽やかで程良い抜け感が。


つまりこれが



こう


これが

 
                                          


こう



スッキリ感の劇的ビフォーアフターが伝わるかと。


男心を擽るオリジナルの作り込み。

アイデンティティとも言えるその仕様を、思い切って排除した先には新たな境地が。





着用するとこの様に。


腿から膨らみ裾にかけて緩くテーパードしたシルエットは、丈感と相まってこなれ感を演出。

裾からサイドへ移植したベルトループ部分は、側章を思わせるアクセントとして生まれ変わりました。



           


生地はコットンツイルで70's製のDEAD STOCKと、糊が効いた張りのある状態。

着用~洗濯を繰り返す毎に、自らに馴染んで行く過程を堪能出来ます。


現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」の前半戦で、主人公の金栗四三(我らが熊本出身!)達が日本人初参加したストックホルムオリンピック。

そのストックホルムが、正にスウェーデン。


ストックホルムオリンピックの約半世紀後にスウェーデンで誕生したパンツが、更に約半世紀後に熊本でリメイクされる。

時空を超えて繰り広げた、スウェーデンと熊本のセッションです。(大袈裟)

これから半世紀後、このパンツがどんな評価を受けているのかが楽しみです。




ヒップポケット上部にスタンプした、こちらのブランドロゴ。

半世紀後には完全に消えているだろうと言う、切ない刹那。




スモーキーなサックスブルーで、ずれ込む梅雨に催促を。


クロップド丈は、梅雨が到来しても快適。


「いだてん」の如く早々と掻っ攫って頂ければ幸いです。



ではでは。



MANNERISM 馬場