「DUCK ROCK FEVER」 | MANNERISM

2019/04/12 20:08

こんばんは。


日中の街中では入学式帰りの親子が溢れかえる今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか?

小学1年生の被る、あの黄色い帽子。ふと、カンゴールハットみたいでCOOLだなと新発見。


散々見慣れているはずなのに、改めて見ると良いなと思う物ってありますよね。




Carhartt : Firm Duck Double-Front Work Dungaree (BRAND NEW)




言わずと知れたアメリカのワークブランド「Carhartt」。

巷ではファッション寄りにブランディングされたヨーロッパラインの「WIP」が人気ですが、こちらは本国アメリカラインの物。

つまりは武骨でリアルガチなワークウェア。

ストイックに、BLACKのダック生地の物だけをチョイス致しました。



古着で見かける程よくくたびれた表情とはまた違う、まっさらでバキバキの状態も新鮮です。
只でさえタフなダック生地な上に、フロントには更に補強の布が重なるダブルニー仕様。

本来着用されているシチュエーションはどれだけハードなんだって話ですよね。




フロントポケット、ウォッチポケット


ヒップポケット、サイドにはツールポケット



そしてハンマーループとフル装備。

負荷のかかる各所は、しっかりとリベットで補強。

オールブラックののボディに映える、デザインのアクセントにも。





両サイドからの眺めも圧巻。

「ディテールの宝石箱やぁ~」と、思わず彦摩呂サンプリングが発動。


因みに、着用前に外してしまうとは言え、ワークウェアならではの各所に付属したフラッシャーやステッカー。

眺めているとテンションが上がるのは私だけでは無いはず。
フラッシャーを外さずに履かない訳にはいかないが、外してしまうと寂しいような儚い現象。

国内某ブランドでは、このフラッシャーやらなんやらをボディーにプリントしてしまうという画期的な試みをされていましたね。




外側からも内側からも主張する「MADE IN USA」。

そう、現行Carharttの同モデルはメキシコ生産へ移行していく中、嬉しい事にこちらはアメリカ生産を貫くラインの物。

これでダメ押しのテンションアップ。




個人的には裾をダブル仕上げに補正し、スラックス感覚でキレイな雰囲気で愛用中。

ぺインターパンツは太いドカンとしたシルエットを思い浮かべがちですが、こちらは思いのほかスッキリとしたシルエット。

まっさらなブラックと相まって、本来とは真逆の上品なニュアンスで取り入れると面白いかと。

サイズアップしての着用も◎。


ダブルニーをダブルに。

駄洒落では無く、洒落乙なのでおススメですよ。




ではでは。




MANNERISM 馬場