「Midnight Breaking Fishman」 | MANNERISM

2019/04/09 17:11

こんにちは。


本日は、4/9 「シック」 の日。

皆様は如何お過ごしでしょうか?

私はと言うと、最近頻発している尿管結石に四苦八苦中。正しく「sick(病気)」な1日を奮闘中。


そんなトイレに駆け込む頻度が尋常じゃない日に助かるのがこちら。



BISON : 38mm Cast Away™ leather belt (BRAND NEW)


アメリカ発アウトドアアクセサリーメーカーのBison Designs。
いい意味でチープなナイロンベルトが有名ですが、レザーベルトも作っている事はあまり知られていないのでは無いでしょうか?
その中でもこちらは何と、バックル部が釣り針の形状をしたデザインと言う更なる珍品。




釣り針が刺さった際に抜けにくくする為の「返し」まで、しっかりと再現。


小学五年生の頃に父と兄とバス釣りに行った時、兄が釣竿を振りかざした際に私の顎にルアーの針がグサリ。

その後病院で手術して外す事態に。

帰宅後、手持ちのルアーの針の返しを片っ端から潰してバーブレス(返しが無い針)にすると言う素早い危機管理能力。

悲劇は繰り返されてはならないと胸に刻んだあの頃。


閑話休題。




↗針の側面にある突起をベルトの穴に差し込んで固定する、至ってシンプルな仕組み。

冒頭で触れた様に、用を足す際もイージーな着脱でストレス知らず。

ワンタッチでウエストが解き放たれます。



ベルト穴での微調整に加え、こちらはウエスト30 / 32 / 34のスリーサイズ展開でご用意しております。




MADE IN USAでは無く、「Handcrafted in USA」な所に作り手のプライドを感じます。

しかしまぁ、見れば見る程に紛う事無きな釣り針っぷりですね。

実際の釣りではバーブレスを努めて推奨致しますが、「返し」あってこその釣り針なんだなとしみじみ。


シックな私が自信を持っておススメする、フック(釣り針)なベルト。

当然本日も腰に食い込ませているのは言わずもがな。




ではでは。




MANNERISM 馬場